ドイツ生まれのロボットが演奏するバンド

誰でも一度は憧れるバンドマン。バンドで有名になりたい…そう思う方も多いのではないでしょうか?
私もその内の一人でした。ロボ部内のバンド部員kiuchiです。

けどね、そう思っているのは人間だけじゃないかも知れませんよ?
ロボットだってバンドがしたい!って思っているかも知れません。

その名も『コンプレッサーヘッド』


compressorhead
http://compressorhead.rocks/
うわぁ…何かこのバンドロゴからしたらヘビメタ寄りな雰囲気…
実際に彼らが演奏している動画を観たんですが往年のロックンロール(ゼッペリン,ブラックサバス,AC/DC等)が多めでした。


何かもうね、ちょっとテンションが上がりました。凄いぜこのバンドは!超ホットでクールでファンキーだぜ!ロッケンロー!

早速メンバー紹介をしていきたいと思います。



ギター担当 : フィンガーズ

poser

無数の指(ケーブルにも見える)を駆使し、ギターを意のままに操る超絶テクニシャン!
きっと彼は悪魔と契約してこの指を手に入れたのだろう…ロバート・ジョンソンもクリビツギョウテンだぜ!

ベース担当 : ボーンズ

Bones-on-Bass

安定したベースライン!控えめなテンション!
きっとメンバー1真面目な性格なんだろうな…こんなベーシストに憧れるぜ!

ドラム担当 : スティックボーイ

バンド全体に激しい鼓動を与えるパワー系ドラマー!
演奏だけでは無く見た目も超怖い!モヒカン!ヒャッハー!

ハイハット支え担当 : ジュニア

junior2

こいつだけは謎だ…何してんだこいつ…

製作はドイツのロボクロス


どうやらフランク・バーンズさん(Frank Barnes)が個人でやっているアート作品のようです。
frank-barnes

“喜びのメカニカルマッドネス”

なにげにフジロック来てたみたい

これが2008年

確かにどこかで見覚えが…と思ったらもっと有名になってました。
イナズマ神: Lord of Lightning

この他にも面白い発明を沢山しているみたいです


バッティングロボット

パーティーテント

おしっこひっかけロボット



基本ヘビメタが好きなんでしょうね…

では最後にコンプレッサーヘッドの演奏でお別れしましょう。
曲はニルヴァーナのSmells Like Teen Spiritです。はりきってどうぞ。

Pocket
[`feedly` not found]