ソフトバンクのロボット、Pepperくんの3Dデータ公開

3Dプリンターで使うとええんちゃう?

ソフトバンクのペッパーくん、やっぱり皆さん欲しいですよね。

でもお高い。すんごぉくお高い。

本体価格20万なんて、まやかしや!全部で100万以上やないかーい!

子供にペッパー買ってあげたいけど、ちょっと手が出せないお父さんお母さんのために。
形だけでもお届けしたい!ということで、3Dプリンターで使えるデータにしました。

データはアルデバランのあのアプリからスッパ抜いてます。

Choreographに入ってるペッパーの3Dデータ


Choregraph_Pepper

アプリがバグりまくってるのはもはや仕様です。

ターミナルからディレクトリの中を覗いてみます。

$ cd  /Applications/Aldebaran/Choregraphe\ Suite\ 2.3/Choregraphe.app/Contents/Resources/share/alrobotmodel/meshes/

$ ls
juliette			nao_Left_foot_button.png
juliette.material		nao_hear.png
juliette_ear.png		nao_tex_bandeau.png
juliette_face.png		nao_tex_button.png
juliette_head_speaker.png	romeo
juliette_tab.jpg		romeo.material
nao				romeo_outUVhead.tga
nao.material			romeo_outUVtorso.tga

choregraph

どうやら.mesh形式のデータがあるみたいです。
この階下にある’juliette’フォルダがPepper君のデータです。 実はジュリエットさんなんですね。つまり’彼女’なんでしょうか?

.meshってどうやって開くの?という方、実は.xml形式に変換することで3DソフトのBlenderで読み込むことができます。
xmlの変換はオープンソースの3Dグラフィックエンジン Ogreの出番です。

OgreCommandLineToolsMac_1.8.0というのがあるので、こちらをダウンロードした後にターミナルから先ほど見つけた.meshファイルを持ってきて変換を行います。

$ ./OgreXMLConverter HeadYaw.mesh HeadYaw.mesh.xml                           

-- OPTIONS --                                                                            
source file      = HeadYaw.mesh                                                    
destination file = HeadYaw.mesh.xml                                                
log file         = OgreXMLConverter.log                                                  
interactive mode = false                                                                 
lod levels       = none (or use existing)                                                
Generate edge lists  = 1                                                                 
Generate tangents = 0                                                                    
 semantic = TANGENT                                                                      
 parity = 0                                                                              
 split mirror = 0                                                                        
 split rotated = 0                                                                       
Reorganise vertex buffers = 1                                                            
Optimise animations = 1                                                                  
-- END OPTIONS --                                                                        

Creating resource group General                                                          
Creating resource group Internal                                                         
Creating resource group Autodetect                                                       
Registering ResourceManager for type Mesh                                                
Registering ResourceManager for type Material                                            
Registering ResourceManager for type Skeleton                                            
FATAL ERROR: Can only determine the endianness of the input stream if it is at the start 
ABORTING!                                                                                
Unregistering ResourceManager for type Skeleton                                          
Unregistering ResourceManager for type Material                                          
Unregistering ResourceManager for type Mesh                                              

あとはBlenderでインポートするだけですねっ
pepper_blender
どーん!

お好きなカラーで遊んだりもできます
Pepangelion
ペパンゲリオン

.blenderファイルと.stlファイルを公開します


この作業結局面倒ですよね。
実物のペッパーとは若干形が異なるのですが、アクセサリー程度の3Dプリントには十分なのではないでしょうか。

Github上にありますので、どうぞご自由に!
https://github.com/tawago/Pepper-3Ddata

Pocket
[`feedly` not found]